誰にでも起こりうる女性の抜け毛のメカニズム

美しく健康な髪を保つためのヘアサイクル


髪の毛は一定のサイクルで抜け替わっています。髪の毛がどんどんのびるのが成長期で女性の場合は4~6年くらいです。その後後退期(約2~3週間)休止期(数か月)を経て抜け落ちます。
偏った食事、ストレス、不眠、加齢など何らかの原因でこのサイクルが乱れると成長途中の髪が抜け落ち、抜け毛が増えていくのです。
この状態で新たに生えてくる毛の成長が追い付かないと薄毛となってしまいます。

男性とは違う 女性の抜け毛の原因は?


 

女性の抜け毛は一般的な男性の抜け毛とはタイプが違います。
男性の抜け毛の特徴が生え際や頭頂部周辺が薄くなるのに対して、女性の場合は髪の生えている領域はそのままにボリュームダウンすることが特徴のひとつです。
女性の抜け毛は誰にでも起こりうることです。現在悩んでいる人も、いまのところ関係がないという人も、原因を知っておきましょう。

老化によるホルモンバランスの乱れ

加齢に伴い、女性ホルモンの分泌量は減少していきます。女性ホルモンは髪の成長と深い関わりをもつエストロゲンがあるため、そのバランスが乱れ、それに伴い抜け毛が多くなることがあります。

出産後のホルモンバランスの乱れ

妊娠中に減少していたエストロゲンは、出産が終わるとともにまた元に戻ろうとします。
この時、急激にエストロゲンが増加するため、ホルモンバランスが乱れ、それに伴い抜け毛がおおくなることがあります。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れはあらゆるトラブルの元となります。睡眠不足や無理なダイエット、アルコールの過剰摂取や喫煙は、毛根の新陳代謝を乱したり血行を悪くしたりします。
血行が悪くなると頭皮や髪に栄養が行きわたらなくなり、発毛サイクルが止まってしまいます。また、運動不足も血行を悪くするので、適度な運動を心掛けましょう。

間違ったヘアケア・頭皮ケア

パーマやカラーリング、間違った方法のシャンプー・コンディショナーを繰り返していると、頭皮や毛根を痛めてしまいます。
これはヘアサイクルが正常に機能しなくなる原因のひとつになっています。

ストレス

ストレスはホルモンバランスや自律神経のバランスを崩してしまう為、過度なストレス負荷や蓄積は、頭皮や毛母細胞への栄養供給に障害がでてしまったり、発毛・発育の新陳代謝が乱れてしまいます。

PAGE TOP